INFORMATION 96年9月号


目 次


戻る場合このブラウザーを終了して下さい。

雑 感
情 報
シリーズ 消費税改正 その4
シリーズ「社長になろうと思ったとき」
社内の不正を防止するには?


雑 感


上 野 茂 樹

<役 割>
 経営コンサルタントの役割についてボストンコンサルティンググループの堀紘一氏の著書に興味深い記述があった。要旨を紹介してみよう。
 経営コンサルタントに対して極端な発言をする人たちがいる。経営のアドバイスが出来るなら、自分で会社を経営すればいいじゃないか。なぜやらないんだ、という人たちである。これは本末転倒である。
 ゴルフを例にとってみる。プロゴルファーの青木功氏や尾崎将司氏と言えば、誰でも知っている。数々のトーナメントを制し、トーナメントプロとしては超一流である。ところが彼らも、練習場ではレッスンプロに自分のスウィングを厳しくチェックしてもらう。彼らのアドバイスを受け、修正すべきは修正して試合に臨む。その結果は輝かしい成績を残すことになる。
 レッスンプロに向かって、青木氏が、俺にアドバイスするなんて生意気だ。それならトーナメントに出て優勝してみろなどとは決して言わない。
 このレベルの人たちになると、自分のことというものは意外と分からないものだ、第三者の目が必要であると言うことを良く知っている。堀氏の記述に、改めて我々も経営コンサルタントとして、得意な分野で一流のチェックマンにならなきゃと思った次第である。

<芽>
 新しいものの芽は、既に5年前に現れるという。それを3年前の若葉の頃から本格的に取り組みはじめて、現在に生かすという事になるらしい。得心できる。ただ現状を見るに、横並び意識が強く、最後は国が助けてくれると思っている人には、その芽の発見は出来ない。なぜなら、前例のないところには手を付けない、結果が出るまで動かないからだ。しかし、花が咲いた時、すでに遅し。取り残されることになる。すると、政治が悪い。国が悪い。果ては運が悪かったと、我が身の不幸を恨む、と同時に成功者を妬む。経営者にとっては、恥ずかしい話である。リスクを承知で先行投資をした結果の勝利。何もしないで良い結果だけが出たとしたら話がうますぎる。今は、21世紀の新しい芽がそこかしこにいっぱい出ている。それを発見し生かした者が勝利の美酒を味わうことになる。

<募 集>
 インターネットに興味を持って一年。運用し始めて3ヶ月。この短い間に私の意識を変えるような出来事が次々に起こっている。
 国際化という言葉が使われ始めて何十年にもなる。だが、今まで日本で仕事している限り外国語で困った思いをしたことは一度もない。だがインターネットを運用し始めて、改めて言語ベースが英語であると思い知らされた。確かに翻訳ソフトも出回っている。でも、なかなか思うように事が運ばない。
 我が社のホームページも、そんなことも考慮に入れてインターネットとは名ばかり、日本語で出すことにした。ところが思わぬ事が起こった。日本語の分かる外国人の方が見てくれているという事実である。時折英語でのメッセージが入ってくる。今回は、ホームページの人材募集に外国人の会計士の方の応募があった。
 日本は国際化ではなく、国際社会そのものになったのだなと実感している。それにしても英語を読むことは出来るが、ヒアリングもマネジメントレターもあやしい己を振り返るとき、国際人のスタッフ採用が緊急の課題になってきたなと思う。インターネットは国際社会で生き残る身近な問題を提起してくれる。

<消費税 パート3>
 こんなに大きな改正なのに、消費税に対する国民の関心は静かだなあと不思議でしようがなかった。
 ところが、最近、消費税率3%に据え置きという話が、与党からも野党からも出てきた。それで済むなら結構な話。税率アップのため、特別減税を先行させるという駆け引きをして決めたものを、こうもあっさりと引っ込めるとは。
 財源が潤沢なら良い。国家予算の概算要求約80兆円に対し税収見込みは約51兆円。消費税1%上昇による増収は約2兆円。とても追いつく数字ではない。長らく日本は高齢化社会と言われてきた。65歳以上の老人が全人口の14%を占めると高齢社会という。『化』を取ってしまう。現在15%超である。
 これから増々お金のかかる時である。行財政改革を前提に消費税負担にもある程度理解を示していかなければ、国が破産してしまう。現在、赤字国債だけでも241兆円はある。国の借金の実態はとてもそんな額ではない。民間企業なら倒産である。日本政府には是非国家再建策を示してもらいたいものだ。そして、なぜ消費税を財源としなければならないのか、国民に理解を求め、正々堂々と選挙で戦ってほしい。消費税据え置きを政争の道具にしてはならない。茶番劇は見苦しい。

内容へ戻るメインページヘ


情 報


〜法定労働時間の短縮 中小企業の猶予措置廃止〜

 多くの中小企業については『原則週40時間の法定労働時間を44時間まで延長する』という猶予措置が認められていました。(従業員が常時9人以下の一定業種については46時間まで延長)
 しかし、平成9年4月1日からこの猶予措置が廃止され、ほとんどの事業所で法定労働時間は原則通り週40時間となります。(ただし、従業員が常時9人以下の商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業については特例措置により今まで通り週46時間が認められます。)


【1.労働時間短縮を進めるにあたって・・】
今回の猶予措置廃止により、ほとんどの中小企業が法定労働時間を週4時間短縮しなくては なりません。仕事の量や効率は変わらずに規定の労働時間が短縮されると、その分時間外労働 となり、次のような問題が生じてきます。
  ┌-─────────────────┐ ┌-───────┐   │ @ 人件費が増える │-------→|企業の経営体質 │ │ A 従業員の労働意欲にも影響する │ │を弱めてしまう │ └---────────────────┘ └-───────┘   この現状に企業としてはなんとか対応していかなくてはなりません。週40時間に移行する 目的は、同じ時間内で業務効率を上げ売上を伸ばすという生産性について考え直すことである とも言えます。それには次のような捉え方をしていくのが良いでしょう。
経営者は・・・・『勤務体制、経費、作業内容などを改めて見直す良い機会である』と捉える。
従業員は・・・・『規定の時間内で、今までと同じ成果を上げるように業務の質を向上させる』 という考え方で時間短縮にのぞむ。   こう捉えて、労働時間短縮を生産性の向上につなげることが大切です。 次に、代表的な対応策を上げて見ます。

【2.具体的に対応するために・・】
 1)休日の増加   週休2日制のように、休日を増やすことで1週間の労働時間を短くしようというものです。 但し、休日出勤の場合は割増賃金の発生にも注意が必要です。
2)1日の所定労働時間の短縮   1日の所定労働時間を、労働基準法で定められた8時間より短くするというものです。時 間内に仕事が終了しなければ時間外労働が増えることになるので、時間短縮のためには仕事 の質の向上も必要になってきます。
3)変形労働時間制の導入   法定労働時間の枠を超えて勤務しなくてはならない業種について、一定期間の合計労働時 間が所定内に納まっていれば、時間枠を超えて労働させることも認めるという制度です。次 の4種類があります。
(1)1週間単位の非定型的労働時間制  毎日の労働時間の差が大きく、1日の労働時間の算定が 困難な小売業、旅館、料理店、 飲食店で常時30人未満の事業所が対象です。1週間の所定労働時間が40時間以内であ れば、1日10時間まで労働させることができます。 (2)1ヶ月単位の変形労働時間制 1ヶ月以内で業務に繁閑がある場合、変形期間を1ヶ月以内とし、この期間を平均して 1週あたりの労働時間が40時間を超えない範囲で法定労働時間を超える特定の日、特定 の週を決めることができます。 (3)3ヶ月単位の変形労働時間制  3ヶ月以内の期間で労働時間の差が著しい業種に認められます。3ヶ月を通じて1週の 労働時間が平均40時間以内、上限52時間、1日の上限10時間、1週に1休日を確保 しなくてはなりません。 (4)1年単位の変形労働時間制  季節的な繁閑などにより、3ヶ月単位の変形期間では短すぎる業種に認められています。 1年間を平均して週の所定労働時間を40時間とし、上限を1日9時間、1週48時間と することなどが条件とされています。 4)フレックスタイム制の導入    各々の従業員が生活と仕事の状況に合わせて、始業・終業時刻を自主的に決める制度です。 下図のように出勤の義務づけられた時間帯(コアタイム)と出勤が自由な時間帯(フレキシブル タイム)に分けられています。 <フレックスタイム制の例>  7:00  9:00  10:00   12:00 13:00  15:00  17:00  19:00 ┌───────┬────┬──┬────┬────────┐ │ フレキシブル │ コア │ 休 │ コア │ フレキシブル │ │ タイム │ タイム │ 憩 │ タイム │ タイム │ ├───┬───┴────┴──┴────┴───┬────┤ │ │←----------- 標準労働時間帯----------→│ │ │←----------------------労働時間帯----------------------→│

 猶予措置の廃止による週40時間制の移行まであと半年余りです。中小企業にとって現状の景気の中で、更に労働時間の短縮を強いられるというのは実際大変厳しい事です。しかし今回の改正を「業務の見直しを行うチャンス」と逆転の発想で捉えて、全社一丸となって業務の効率化に取り組んで下さい。

(担 当:村 松)

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ 消費税改正 その4


改正後も税率が3%になる取引 パート1


社長   「平成9年4月1日から消費税率が5%になるが、うちの経理処理の方は大丈夫なんだ
            ろうね?」
経理担当者「今週中に経理コンピュータを平成9年4月1日になると自動的に5%で計算するよう
            にプログラムを変更する予定です。任せて下さい!」
社長   「そうか。それなら問題ないな。めでたし、めでたし。」
監査担当者「ちょっと待って下さい。平成9年4月1日以降でも消費税率が3%になる取り引きが
            あるので、そのプログラムだと間違った処理をしてしまいますよ。」
社長・
経理担当者「 えっ!! 」

  消費税法では、一定の要件を満たす取引については、現行税率(3%)を適用する等の「経過措置」
が設けられています。その取引のうち主なものは次の通りです。

 ○旅客運賃等に関する経過措置  ○電気料金等に関する経過措置  ○請負工事等に関する経過措置  ○予約販売に係る書籍等に関する経過措置  ○資産の貸付けに関する経過措置  ○役務の提供に関する経過措置  ○発売日が適用日前である新聞・雑誌等に関する経過措置  ○通信販売に関する経過措置  ○割賦販売等及び延払条件付販売等に関する経過措置

社長   「ずいぶんあるね。」 監査担当者「では、今回はこの一部についてご説明いたします。」

○旅客運賃等に関する経過措置

 平成9年4月1日以降に乗車する予定の旅客運賃、または4月1日以降に催される映画やイベント などの前売り券を3月31日以前に購入した場合、消費税率は3%になります。  □電車、船舶または航空機などの旅客運賃。  □映画、演劇、音楽、スポーツなどイベントのチケット代。  □競馬場、競輪場またはボートレース場への入場料金。  □美術館、遊園地、動物園などの施設のチケット代。

○電気料金等に関する経過措置

 電気・ガス・水道および電話などの料金で、その計算期間が平成9年4月1日をまたぎ、平成9年 4月30日までに料金が確定するものについては、消費税率は3%になります。 監査担当者「『経理担当者』さんは、4月に送られてくる請求書の税率が何%になっているかをよく 見て下さい。」 監査担当者「そして、次が住宅メーカーが盛んにPRしている請負工事に関する経過措置です。」 経理担当者「私も新聞の広告で見ました。」

○請負工事等に関する経過措置

 平成8年9月30日までに工事、製造の請負契約を結んでおけば、その引き渡しが平成9年4月 1日以降になっても消費税率は3%になります。  工事又は製造の請負契約の他に、次のようなものも経過措置の適用の対象となりますが、そのた めにはいくつかの要件を満たしていなくてはなりません。 <工事や製造以外に適用の対象となる契約>  ・測量、地質調査  ・工事の施工に関する調査、企画、設計など  ・映画の製作    ・ソフトウェアの開発その他  ※上記の契約について、適用の対象となる為に必要な要件   a.仕事の完成に長期間を要すること   b.目的物の引き渡しが一括して行われること   c.仕事内容につき相手方の注文が付されていること  また、平成8年9月30日までに契約が結んであっても、平成8年10月1日以降に契約金額を 増額した場合で、引き渡しが平成9年4月1日以降の時はその増額部分については新税率5%が適 用されます。

○予約販売に係る書籍等に関する経過措置

 平成8年9月30日までに定期的に書籍等が送られてくる契約を結び、その代金の全部又は一部 を平成9年4月1日前に支払っている場合、平成9年4月1日以降に送られてくる書籍等の部分に 係る消費税は3%になります。 監査担当者「以上、経過措置の一部についてご説明しましたが、いかがだったでしょうか。」 経理担当者「建物みたいに高額なもの以外は、消費税率が5%になっても金額的には大したことな いんで、大丈夫ですよね。」 監査担当者「確かに金額的には影響は少ないかもしれませんが、その反面、事務処理量は確実に増 えます。今回の消費税改正で重要なのは、税率よりもむしろ処理方法なのです。今後 も消費税の改正についてご説明しますので、しっかり覚えて下さい。」 経理担当者「わかりました。」

(担当:野呂瀬)

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ


「社長になろうと思ったとき!」

第6回 会社の種類

 前回、前々回と2回にわたって、金融機関からの借入についての説明を受けた友達は、その後どうしているのでしょうか。果たして資金は集まったのでしょうか。


先輩
 「また浮かない顔してるね。今度はどうしたんだい。」
友達
 「ん〜。お金は集まったよ。だけど、次に何をしたらいいか分からないんだ。」
先輩
 「確か君の夢は、ソフトウェアの会社を作ることだったよね。」
友達
 「そうです。夢のある会社を作ることです!」
先輩
 「わかった。わかった。だったらまずは、俺の話を聞いてくれるかい。一口に会社といっても
    会社にはいくつも種類があるんだよ。君はどのような会社があると思っているんだい。」
友達
 「え〜と。株式会社だろ、有限会社に、それくらいじゃないの。」
先輩
 「そう思うだろ。一般的に、会社というとその二つが出てくるけど、他に合名会社・合資会社
    というものもあるんだよ。」
友達
 「へーえ。会社にはそんなに種類があるんだ。」
先輩
 「そうだよ。会社の種類にはそれぞれポイントがあるんだよ。それを把握した上でどの様な種類
    の会社にするかを決めて設立しないと、せっかく作った会社を潰してしまうことになるよ。」
友達
 「それは困るよ。どんなポイントがあるか教えてくれよ。」
先輩
 「よし、わかった。会社の主なポイントだけを挙げてみるよ。」

会社の主なポイント

  【株式会社】1.最低1,000万円の資本金が必要です。
              2.出資者の構成は有限責任の株主です。
              3.取締役を3人以上、監査役を1人以上置かなくてはなりません。
              4.取締役の任期は2年、監査役は3年です。
              5.出資者数は1人以上です。
              6.倒産した場合の責任範囲は出資した金額を限度として責任を負います。
                                                                     (有限責任)       
  【有限会社】1.最低300万円の資本金が必要です。
              2.出資者の構成は有限責任の社員です。
         3.取締役は1人以上必要で監査役は置かなくても良いです。
        4.取締役の任期は定款で定めていなければ関係ありません。
        5.出資者は1人以上50人以下です。
              6.倒産した場合の責任範囲は株式会社と同じです。

  【合名会社】1.最低資本金制度はありません。
              2.出資者の構成は無限責任の社員です。
        3.取締役及び監査役は必要ありません。
        4.倒産した場合の責任範囲は負債額全額を返済しなければなりません。
                                                                    (無限責任)                                             
  【合資会社】1.最低資本金制度はありません。
              2.出資者の構成は有限責任の社員と無限責任の社員(各1名以上必要)です。
              3.取締役及び監査役は必要ありません。(無限責任社員は全員が代表権を持ち、
                  有限責任社員は監査権があります。)
              4.倒産した場合の責任範囲は合名会社と一緒ですが、有限責任の社員については
                  出資した金額を限度として責任を負います。

★合名会社、合資会社は無限に責任を負う出資者が存在する会社ということになります。もしも会
  社が莫大な借金を抱えて倒産してしまった場合、無限責任社員は個人の財産を全て処分してそれ
  でも足りなければ他人から借金してでもその負債を返済しなければなりません。従って、取引先
  が合名会社又は、合資会社の場合は無限責任社員を最後まで追求して借金を返済させることがで
  きるわけです。そのため、今日では新たに会社を作る人はほとんどが法的に出資分の責任だけで
  済む、株式会社や有限会社を選択するのです。逆に言えば合名会社、合資会社はそれだけの責任
  を持つ信頼性の高い会社なのです。合名会社、合資会社と聞くと、「多分、古い小さな会社だろ
  う。」と言う印象を持つ方も多いようですが、実際は歴史のある老舗が多いのです。

友達
 「なるほど。それぞれの会社に違いがあるんだね。」
先輩
 「そうだろ。それで自分の会社の種類はどうするんだい?」
友達
 「そうだな〜。友人等を含めると4人いるし、資金も出資するために1,000万円集まったこ
    とだから株式会社にしようかな。将来的には一流企業にする夢もあるからね。」
先輩
 「早く夢を実現するためにも株式会社から始めるのがいいかもね。」 
友達
 「よし。やる気が出てきたぞ。」
 また、一歩夢に向かって近づいてきました。しかし、会社ができるまでにはいくつかの段階があります。それを全てクリアしなければ会社を設立することはできません。果たして友達の夢は現実となるのでしょうか。乞うご期待。

(担当:山本・田中)
内容へ戻るメインページヘ

社内の不正を防止するには?


 最近、新聞紙上で社内不正に関する記事をよく目にします。規模が大きな企業などはその被害額も高額になっています。
 しかし、この様な社内不正は大企業だけのものではありません。むしろ、中小企業で社内不正があった場合、会社の存続を危うくする大きな問題にもなりかねないので、中小企業こそ社内不正に敏感でなくてはならないのです。

<不正の起きようがない仕組みをつくる必要性>
従業員が次のような状況に置かれたらどうなると思いますか?

「誰からも監視されず、お金やすぐお金に換えられる物の管理を任され、それを着服しようとしても見つからないで、しかも着服する方法が非常に簡単である。」

 この状況に置かれても従業員が着服することを考えなかったとしたら、その従業員も会社も幸運だったとしか言えません。もし、従業員がお金に困っているとしたら、「どうぞ使って下さい」と言わんばかりです。従業員をこのような状態に置いてはいけません。
 人間の善意・誠実さだけに期待するのではなく、不正しようにも起きようがなく、従業員が疑われることのない仕組みをつくり上げておくことが、会社のためにも従業員のためにも重要であり、経営者の責任なのです。


<社内不正の実例とその対応策>
 いくつかあった事例を基に、その対応策を検討してみます。

(ケース1)
   A社では、販売員Bに金額の書いてない領収書を持たせ、毎月得意先から集金させていたが、
  販売員Bは得意先に渡す領収書には集金した正しい金額を記入して相手に渡し、「控」には少
  ない金額を書いてその差額を着服していた。

           ☆☆ このような場合、次の対応策が有効です。 ☆☆

   (1)相手先の了解のもと、できるだけ銀行振込にしてもらう。
   (2)領収書は、社判を印刷した自社独自のものをつくる。
   (3)3枚以上の複写式であること。
        ・領収書→支払い者へ
        ・入金表→現金と一緒に経理担当へ
     ・領収書(控)→切り離せないようにしておく
   (4)領収書には、連番を付する。
   (5)領収書控えには、相手先からの認印をもらうようにする。
   (6)領収書綴りは、使用後必ず担当者から回収し保管する。(未使用も含む)
   (7)書き損じの領収書は利用できないように×印を付し、複写の3枚と一緒にホチキスでとめて
      おくこと。

(ケース2)
   総務担当のCは、事務用品のみならず収入印紙などの金券類までも管理していたが、収入印紙
  などの金券類などを横流しし、着服していた。その手口は、
  ●収入印紙購入時の領収書の改ざんにより差額を着服する。
  ●受払簿の数字を操作して差額を着服する。
  ●中元・歳暮の発注に際して自宅に商品券を送り着服する。
                        ・・・・・・・などです。

           ☆☆ このような場合、次の対応策が有効です。 ☆☆

   (1)受払簿を作成し、種類ごとに枚数管理する。
   (2)管理担当者以外の者が定期的あるいは臨時に受払簿と現物の突き合わせをする。
   (3)購入時には、担当者以外の者が領収書と現物を照合する。
   (4)払い出す際は、相手先、利用目的などを受払簿に記入する。
   (5)必要のない多額の購入はしない。

<まとめ>
 ケース別に対応策をご説明しましたが、その他にもまだまだ事例はあります。それらを全て取り
上げて説明することは出来ませんが、社内不正の対応策を考えるとき押さえるべきポイントとして
次の5つを挙げてみました。

   (1)各部署の責任者及び担当者の職務権限や責任を明確にする。
   (2)取引の処理については担当者以外の者の手を経なければ完結しないようにする。
   (3)担当者と他の者が相互にチェックできるようにする。
   (4)一人が同一職務に長くとどまることを防ぐため、定期的に配置替えを行う。
   (5)不正をしないように従業員を常に教育する。
 もう一度繰り返しますが、不正の起きようがなく、社員が疑われることのない仕組みを作り上げておくことは、会社のためにも社員のためにも重要なのです。
 従業員が安心して働ける環境づくりを心掛けて下さい。

(担当:野呂瀬)

内容へ戻る


メインページヘ