INFORMATION 98年5月号

目 次


戻る場合このブラウザーを終了して下さい。

雑 感
情 報
FX2導入企業紹介
シリーズ 書面添付申告の重要性 その1
シリーズ ビッグバン

雑 感

上 野 茂 樹

<ゴールデンウイーク>

 連休はいかがでしたか。2日から5日まで比較的天候に恵まれ、行楽日和。4日も休みがあると思ったせいか、1日の夜から何やら体調不良の兆し。これは、いかんと、早速、コンピュ−タに向かい、文章を書き始めたら、嘘の様に体調が回復。気が付いたら朝。仕事人間の悲しい性。
 2日は、早朝よりトラクタ−を使って、畑を耕す。蚊が多いのには閉口。午後は、野菜や庭木の苗を仕入れに出かける。夕方、お蔵の屋根にシ−トを被せる。今年の雪で瓦が痛み、気が付いたときには、空が見えた。終わる頃、通り雨。点検良し。
 3日は、早朝、野菜を植える。10時頃、雁坂トンネル見学に出発。雨模様。トンネルは、約6分で通過。埼玉県側に入る。行けども行けども、同じ様な風景と狭い道。大滝村、秩父市へと向かったが、不安になって途中でタ−ン。まだ整備中、ちょっとがっかり。
 4日は、植木を植えたり、庭の整備。1日中泥だらけ。日差しも強く、顔も真っ黒。疲れ果てて興奮、眠れない。あれやこれや仕事のことが、浮かんでくる。ワインを飲んで、羊を数える。
 5日は、仕事の準備。前日の作業で、体中が痛い。午後クアハウスへ。1時間ほど温泉に浸かる。マッサ−ジは、混んでいたので断念する。流石に4日目となると、頭の中が整理される。20年間考え続けてきたことの、解答がひらめいた。大収穫。

<書面添付>

 書面添付実践企業にTKC全国会松澤智会長の表敬状を持参した。3回連続と、10回連続が対象となる。一番回数が多いのは、(株)穴水 の8回目。頭の下がる思いである。敬意を表したい。この度、表敬状をお持ちした関与先企業は、皆一様に喜んで下さった。やはり、ここまでやっているんだという自信が、良い顔となる。心の底からの笑顔である。
 そもそも書面添付申告書は、税理士法33条の2に規定されている制度。TKCは、監査こそ職業会計人の当然業務と位置付けているから、必然的に書面添付に行き着くことになる。そして、その解答は出ている。TKC会員を対象にした税務調査のアンケ−ト結果が、それだ。平成5年から平成9年までのもの。書面添付の是認割合は、安定して98%。それ以外は、是認割合46%〜52%である。高いと見るか、低いと見るか。
 福田、梅沢両国税庁長官は、書面添付推進運動の良き理解者であった。当時、TKC東京研修所の常任講師をしていた私は、研修会でこの運動を支える立場にあった。しかし、理論に走りすぎたせいか、怖くて実践出来なくなってしまった。滑稽にも、講師達が一番出遅れた。従って、準備に7年以上かけたことになる。おそるおそる記念すべき第1号の提出に踏み切ったのは、平成2年7月であった。
 書面添付を実践するには、これでもか、これでもかと言う位、沢山のチェック項目がある。帳簿組織が確立し、巡回監査達成率100%が、大前提。この当たり前のことがなかなか出来ない。でも、巡回監査を習慣化すれば済むこと。しかもコンピュ−タは、安くなった。中小企業だって、やる気さえあれば、大企業並の経理体系が簡単に出来る。
 巡回監査の実体は、商法への準拠性のチェック。商法の法定監査は、試査(サンプル抽出で全体の信頼性を図る手法)中心。これに対し書面添付は、精査(伝票1枚1枚と、証憑をチェックする手法)が前提。だから質は高いはず。大企業に精査は無理。そこで、内部統制の信頼性を見極め、試査を取り入れる。書面添付は、小企業向きか。迷うところ。
 ところで、何ゆえ書面添付に拘るのか。そもそも決算書は、株主総会提出目的、信用目的、租税目的等のために作成されるもの。実質は一元で、相対的真実性が求められる。そこで独立不羈の第三者の介入が必要とされる。監査し、意見を表明する。職業会計人の歴史的認識の中で、辿り着いた結論である。書面添付は、プロとしての「良心」である。
 ただ、返す返すも残念なのは、意識も帳簿の信頼性も高いのに、精査が遣りきれず、書面添付出来ない関与先。法定監査並の信頼性があれば良いと思うのだが。

(H10,5,11)


内容へ戻るメインページヘ

情 報


 

 昨年の暮れ自民党の税制調査会が発表した「平成10年度税制改正案」が、平成10年3月31日に一部を除き、改正案通りの内容で国会を通過し施行されました。

 今回の改正は、法人税率の引き下げを柱とした、大幅な改正となっており、適用時期も様々となりますので注意が必要です。今までもインフォメーション紙面において「改正案」ということで、ご紹介してきましたが、今月号より数回に分けて実際に施行となった「平成10年度税制改正」について説明します。

 

1.法人税率・法人事業税率の引き下げ

 「法人税率の引き下げ案」は、改正案通り可決・成立し下記の表のように法人税率が引き下げられます。

 また、法人税率の引き下げとともに、法人事業税の税率も引き下げられます。なお、適用時期は、平成10年4月1日以降開始する事業年度からとなります。

 

<改正法人税率>


                

改 正 前

改 正 後

資本金が1億円超の法人

37.5%

34.5%

上 記
以外の
法 人

年800万円以下の所得

28.0%

25.0%

年800万円超の所得

37.5%

34.5%

公益法人・協同組合等の軽減税率

27%

25%










 

 

<改正法人事業税率>


改  正  前

改  正  後

年350万円以下の所得

6%

年400万円以下の所得

5.6%

年350万円超700万円
以下の所得


9%

年400万円超800万円
以下の所得


8.4%

年700万円超の所得
及び清算所得


12%

年800万円超の所得
及び清算所得
 


11%










 


2.法人の土地重課制度の見直し

 法人の土地等の譲渡益に対する追加課税(土地重課制度)が、大幅に見直されました。  改正内容は以下の表の通りになります。改正の適用時期は、各法人の事業年度に関わらず、平成10年1月1日以降譲渡した土地等から適用となるため、平成10年1月決算など、既に確定申告が済んだ法人で該当する場合は、改正法の適用を受けますので、更正請求をすることになります。



  改  正  前 改 正 後
所有期間が2年未満の
土地譲渡(超短期譲渡) 
法人税とは別に土地の譲渡
益に対し15%の追加課税
全面的に廃止
 
所有期間が2年以上5年未満
の土地譲渡(短期譲渡)
法人税とは別に土地の譲渡益
に対し10%の追加課税
平成12年12月まで
適用せず
所有期間が5年以上の
土地譲渡(長期譲渡)
法人税とは別に土地の譲渡益
に対し5%の追加課税
平成12年12月まで
適用せず


 

 

3.新規取得土地等に係る負債利子の損金不算入制度の廃止

 この制度は、上記2の土地重課制度と同様にバブル規制税制の一つで、遊休地等の取得に対しては、取得日から4年を経過するまでの間、借入金利子の一部を損金不算入としていました。しかし、今回の改正で平成10年1月1日以降に取得する土地等については、この制度を適用しないこととされ、また既にこの制度の適用対象となっている土地等についても、損金不算入期間の末日を平成9年12月31日とすることとされました。

 「法人の土地重課制度」の見直し同様、平成10年1月1日に遡って改正が適用されますので、既に確定申告済の法人でも、改正法の適用を受けるので、更正請求をすることになります。

 

4.個人の土地等の譲渡益課税の軽減

 個人が、平成10年1月1日から平成12年12月31日までの間に、所有期間が5年を超える土地等の譲渡をした場合についても、法人の土地税制見直しとともに、軽減措置が図られました。改正税率は、以下の表の通りとなります。



 
改  正  前 改  正  後
特別控除後の譲渡益
4,000万円以下の部分
所得税 20%
住民税  6%

特別控除後の譲渡益 
6,000万円以下の部分

所得税 20%
住民税  6%

特別控除後の譲渡益

4,000万円超8,000万円

以下の部分

所得税 25%

住民税 7.5%


特別控除後の譲渡益
6,000万円超の部分
 


所得税 25%
住民税 7.5%

特別控除後の譲渡益
8,000万円超の部分
所得税 30%
住民税  9%









 

 

5.諸引当金の見直し

〇貸倒引当金・・・法定繰入率が、平成10年4月1日以降開始する事業

〇賞与引当金・・・「貸倒引当金」同様、平成10年4月1日以降開始する事業年度から、平成14年度にかけて段階的に廃止されます。廃止に至るまでの引当可能額は、以下の図の通りです。






平成10年度  現行法による損金算入限度額の6分の5
平成11年度  現行法による損金算入限度額の6分の4
平成12年度  現行法による損金算入限度額の6分の3
平成13年度  現行法による損金算入限度額の6分の2
平成14年度  現行法による損金算入限度額の6分の1




 

 

 来月号も引き続き「平成10年度税制改正」を説明いたします。

                      

(担当:乙黒智子)

内容へ戻るメインページヘ


FX2 導入企業紹介

 今月もFX2(戦略財務情報システム)の導入事例をご紹介いたします。パソコンを会計業務以外の様々な用途にも使用している事例を是非参考にして下さい。

☆導入した感想・・・

 当社は増穂町と竜王町にあるガソリンスタンドです。ご承知の通り、最近のガソリンスタンド業界は過当競争の渦中にあり、淘汰の正念場を迎えている状況にあります。そんな中で勝ち抜いていくのにFX2 for Windowsは強力な武器と考えています。毎日の仕訳データの入力が終わるとその仕訳をFAXソフトでパソコンから直接、上野会計にFAXし、仕訳を確認してもらい、間違いがあったらその都度訂正します。データ入力が完了したところで、増穂店と玉幡店の部門別損益を確認します。1円差の価格設定が売上に影響し、収支状況もシビアな数字になります。そのため、タイムリーな現状把握にFX2は欠かせません。
 さらに、パソコンを利用する事で業務効率化や仕事の幅が確実に広がったと言えます。例えば、ワープロソフトWordで社員総会議事録を作成し、表計算ソフトExcelで棚卸額などを計算し、インターネットではタイヤメーカーなどのホームページから最新の情報を収集し、接客トークに生かします。今後はアルバイトの効率的な時間配分ができるように各時間帯の来店数をExcelを使って統計分析する事と、paintというソフトを使って店頭POPを作る事を考えています。パソコンを使い始めて3年程経ちますが、当初に比べるとだいぶ使えるようになり、便利さと楽しさを実感しています。最近では出張の移動中など仕事の合間にも使えるようにと小型ノートパソコンを購入しました。FX2だけでなく、仕事を効率的にこなすためのツールとしてパソコンの利用頻度はこれからますます高くなりそうです。

<<有限会社 井上油店  代表取締役 井上 悟>>

内容へ戻るメインページヘ


書面添付申告の重要性 その1

書面添付申告とは?

 当事務所では以前から書面添付申告を本来業務と位置づけております。しかし、まだ書面添付申告を実践していない関与先の皆様には、馴染みが薄いように感じられます。そこで、一件でも多くの関与先に書面添付申告を実践して戴けるように、その内容と重要性をご説明いたします。
 書面添付申告とは、「税理士法第33条の2第1項に規定する書面」を添付した申告書によって税務申告を行うことです。
 「税理士法第33条・・・」の書面というのは、申告書の内容が正確かつ妥当であることを納税者自らが宣言する書類で、税理士が計算・整理した事項や相談を受けた事項などを記載するとともに、納税者が税理士に提出した書類の種類や棚卸しの金額などに間違いが無いことを証明する書類です。また、納税者と税理士の責任範囲を明確にする書類でもあります。 

書面添付申告によるメリットは?

 決算書には、企業の財務に対する姿勢が数字になって表れます。それは当然ながら、税務署だけが見るものではありません。取引銀行は勿論、新規の取引先から提出を求められることも考えられます。帳簿がしっかりしているからといって、信頼に足る決算書が作成されているとは限りません。書面添付申告による最大のメリットは、対外的な信用力の増大です。内容を厳しく吟味し、各種の証明書によりその真実性が高められた書面添付申告書は、見る者の評価も当然高くなります。

今なぜ書面添付申告が重要なのか?

 銀行の貸し渋りが話題にならない日はありません。銀行は会社をランク付けし、貸し出せる会社と貸し出せない会社を選別しているようです。以前は、担保さえ有れば簡単に融資が受けられたものですが、今はそんな時代ではありません。何よりも返済能力が問われ、それを判断する唯一の資料である決算書の重要性が増しているのです。粉飾決算や逆粉飾決算を行わず、積極的に自社の内容を開示する書面添付申告書は、他社との差別化を図り、金融機関の評価を高めることになるため重要視されているのです。
 書面添付申告を実践するには・・
 書面添付申告を実践するには、まず次のようなTKC全国会による内規を完全にクリアーし、正しい経理処理を行っていることが条件になります。
  月次の巡回監査を完全に実施していること。
  データ処理の遅滞がないこと。
  関与開始後2年以上を経過していること。   など
   重要なことを書き洩らしました。書面添付申告を実践するために、税理士はもっと厳しい誓約書を、TKC全国会に提出しています。もちろん、不正に加担すれば、税理士資格を失います。なぜなら、責任の範囲を明確化するために取り交わした基本約定書が命とりになるからです。正しいことの実践は、常に危険と隣りあわせです。

連続書面添付申告関与先のご紹介

 この度、書面添付申告の重要性をご理解戴き、3期以上連続して書面添付申告を実践された関与先に対して、TKC全国会より表敬状が贈呈されましたのでご紹介いたします。これからもより精度の高い申告を目指し、関与先の皆様といっしょにがんばっていきたいと思います。

株式会社穴水 8期連続書面添付申告



甲府バルブ・フィッティング株式会社 7期連続書面添付申告


(担当:乙黒謙一)

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ ビッグバン

 前回は、ISO9000シリーズについて取り上げましたが、今回はISOのもう一つの目玉、ISO14000シリーズ(別名「環境ISO」ともいわれている)について取り上げてみます。この環境ISOの県内の取得企業には甲府カシオ(株)や(株)甲府コニカ等があります。

ISO14000シリーズの誕生


 国際標準化機構(ISO)では、環境分野における企業の国際標準化を目的として環境マネジメント技術委員会を設置し、企業の環境保護に対する14000〜14100までの国際規格を作成しました。この一連の「14..」で始まる国際規格を「ISO14000シリーズ」と総称しています。
 環境問題は世界的に取り組まなければならない課題となっており、1992年に開催された「地球サミット」の中で、「環境に関する国際規格の作成」が提言されたことがきっかけとなり、ISO14000シリーズの規格作りが始まりました。

ISO14000シリーズの種類


 前述した環境マネジメント技術委員会には、更にSCと呼ばれる6つの委員会が設けられており環境分野における企業の国際規格をそれぞれ作成・検討しています。各SCの検討している規格内容は次の通りです。

SC1「環境管理」
 企業の環境保全活動を継続的に向上させてゆく管理システムを規格化しています。

SC2「環境監査」
 管理システムの適切性や妥当性を検証するための監査システムです。

SC3「環境ラベル」
 現在規格化が進められていますが、環境負担をチェックして、それをラベルによって表示しようとするものです。

SC4「環境パフォーマンス」
 企業行動が環境に与える負担を把握・評価するための手法です。

SC5「ライフサイクルアセスメント」
 製造から廃棄までの各段階ごとに分析・把握し評価するための手法です。

SC6「用語と定義」
 14000シリーズの用語と定義を記載しています。

 この中で実際に資格取得のための要求事項が示してあるのが、SC1「環境管理」の中にある14001規格(第三者認証のための規格)です。環境問題がクローズアップされている今日、「環境ISO」である14000シリーズに対する企業の関心は非常に高いものがあります。しかし、これらの規格のほとんどは今だ検討中であり、14000シリーズは完全なものといえないのが現状です。

ISO14001の規格


 環境問題は、よく利潤を求めないボランティアでやるべきだという人がいます。しかし、それでは企業活動と環境保護を事業化していくことはできません。そこで企業活動と環境保全活動の両立を考え、継続的に向上させていく経営管理システム作りが必要になってきます。
 この14001規格はまず、会社組織のトップが@「環境方針」を定め、それを受けて環境保全のためのA「計画」を立てます。それに基づいてB「実施及び運用管理」を行い、その結果についてC「点検及び是正措置」を実施して、再度D「経営層による見直し」を行って新たな「環境方針」につなげ、@〜Dを循環させることにより、継続的改善を図る仕組みになっています。
 このうちABCについては規格が細目に分かれており、システム化に必要な要素として全部で17項目の要求事項が規定されています。
ISO14000シリーズも、ISO9000シリーズ同様、取得後における取り組み努力が見られない場合は、更新時に認証を取り消されることもあります。
 ISO14001の取得企業は、年々増加しています。そのような動きの中で、次回の総会では「中小企業向けガイド」の作成が盛り込まれています。地球にやさしい企業として、自社でできる環境管理のシステム作りに取り組んでみてはいかがでしょうか。

(担当:大森)

内容へ戻る


メインページヘ