INFORMATION 98年10月号

目 次


戻る場合このブラウザーを終了して下さい。

雑 感
シリーズ ビッグバン
シリーズ社長になろうと思ったとき!
FX2 導入企業紹介
シリーズ パソコン最前線

雑 感

上 野 茂 樹

<モラル>

 抽象的な話になるが、今年は、モラルについて考えさせられた。商取引や社会生活全般に渡り異常さが感じられた。署名に見える経営者のお話からも、伝わってくる。今の日本は、不況とはいえ、明日の米が無いほど貧困に喘いでいる訳ではない。どうしてこんなにモラルが地に落ちたのか不思議だ。
 私達、団塊の世代が50歳を迎え、またも社会的混乱の原因を作っているのだろうか。思い当たる節もある。我々は、戦前教育を受けた親と、戦前の価値観を否定するのが民主主義だとの学校教育の狭間で育った。儒教の教えを理解できる反面、民主主義の何たるかについて半可通のまま成長した。皆平等なんだと思っている。
 お上に甘えていて、権利は主張するも義務を果たさない。その矛盾に罪悪感も、疑問も持たない。そんな私達が親になって、子供達に悪い手本を示してしまった。哲学のない無責任な言行が、巷には氾濫している。私もその一人として責任を感じるとともに、世の移ろいにいささか疲れてしまった。そんな時すがるのは、山本周五郎全集。「温かいんだよなぁ」日本の心を見直してほしい。

<経営の基本>

 久しぶりに武蔵(犬)を連れて朝の散歩に出かけた。雨と体調を崩したのとで1ヶ月ぶり。風景は、全くの秋。青い空と稲穂の黄金色のコントラストが見事だ。何処からとなく金木犀の甘い香り、思わず深呼吸。暫く行くと中央道、トラックの数が増えたなぁ。更に歩いていくと工業団地。あれれ、駐車場に車が少ない。
 この所の急激な円高で製造業もダメ−ジを受けたのかな、と心配。1ヶ月前とは、様子が違う。円安で135円台の時は、製造業が牽引してくれた。しかし、僅か2、3日いきなり110円台となれば、先行き不安になる。株価も13,000円の攻防。これからは、どの業種に期待したらいいのだろう。
 支離滅裂な妄想に耽っていたら、「きゃいん」と甲高い声。武蔵の足を踏んでしまった。そうか、何が起きても不思議ではない時代だ。武蔵も私も、おおいに悟った。今は、完全なるデフレ・スパイラル。あたかも渦潮に巻き込まれて行くかのように経済は、収斂し、信用収縮が起きている。
 日本丸は、優秀な人達が舵取りをしている。当然、彼らがインフレ政策で経済を再生してくれると信じて疑わなかった。しかし、ここ1,2年、やっていることが良く分からない。殿上人のやることは、凡人には分からない。愚痴ってもしょうがない、彼らに頼るのは諦め、自分の生き残りの道を考えることにしよう。
 今一番元気な会社は? と質問されたら、「利益を一杯出して、税金を一杯納めてきた会社」と自信を持って応えられる。無借金で健全な体質ゆえ、不況が深刻になるほど、競争力が強くなる。20数年、言い続けてきた。今、それを支持してくれたお客様共々実感している。経営のイロハでもある。
 税金は、「取られるもの」という感覚の日本では馴染みにくい考え方ですが。

<思わぬ波紋>

 (株)日本リ−スが倒産し、会社更生法の適用を申請した。比較的冷静に受け止めていたが、お客様から問い合わせが殺到し驚いた。日本リ−スから債権譲渡を受けたとする会社が、日本リ−スとリ−ス契約を結んでいる会社や事業主宛に、今後リ−ス料は当社の指定口座へ払えと通知してきたからである。
 申し出たのは、安田信託銀行、長銀信託銀行、日動火災海上保険等一流企業ばかり。しかも日本リ−スの保全管財人から、従来通りの口座に払い込むよう通知がきたからリ−ス契約者は、パニック状態。原則的な債権譲渡のパタ−ンとは違う「停止条件付きの債権譲渡契約」ゆえ、素人にはさっぱり分からない。
 そこで、ひまわり法律事務所に調べて戴いた。債権譲渡云々には、法律的にも非常に微妙な問題があり、部外者が判断するには、情報不足であることが分かった。現時点では、不利益を避けるために、リ−ス料相当額を裁判所に供託したら如何ですかと、お薦めするしかないそうだ。
 保全管財人にも問い合わせが殺到しているようだ。10月分の支払いまでに何らかの発表があると思われる。それにしても、一流企業同士の争いにユーザーが巻き込まれるとは何ともやりきれない。類似の問題が、まだまだ起こりそうだ。そこで、自己防衛のため弁護士先生にお願いし、事例と質疑応答中心の実践的研修会を企画しようと思う。その時は、是非ご参加をお願いしたい。

内容へ戻るメインページヘ


シリーズビックバン


〜保険料がこんなに安くなる!!〜


生命保険最前線


「日経新聞に掲載された大同生命の広告見ましたよ。大きな広告でしたね。そこに、保険料が安くなるって書いてあったんですけど、本当ですか?」

「はい、最大で33%の大幅割引となります。」

「33%とは、魅力的ですね。どうしてそんなに安くなるんですか?」

「これは新しく発表された『健康体割引特約』という特約を使うからです。健康体割引特約とは、21歳から60歳までの『健康な人』は保険料が安くなるというものです。今までの保険は、『年齢』を基準に死亡率を算定し、保険料を決めていました。しかし同じ年齢の人でも、病気1つしたことのない健康な人と、高血圧気味の人では、死亡率に違いがあります。健康体割引特約により、健康な人は死亡率が『低い=保険料が安い』という当たり前のようなことを保険料に反映させたわけです。」

「なるほど、確かによく考えてみると、同じ年齢ということだけで保険料が決まっていたんですよね。健康状態によって保険料に差があって当然かもしれません。でも、『健康』と一言でいってもどうやって決めるんですか?」

「それは次の図で判断します。この中で、割引が最大になる人は『非喫煙健康体』に該当した人です。」


「上の図で、『血圧・体格・尿の検査』の、血圧の基準値は年齢によって決められており、体格についても体重(s)÷{身長2(m)}から計算されるBMI指数が、基準値であることと定められています。また『喫煙経験』についても、唾液検査を行います。」

「なるほど、通常の医師の診査に全く問題がなく、さらにこの診査をクリアすると割引になるんですね。」

「はい。しかし、どの保険にもこの特約が使えるわけでなく、対象保険の種類や最低保障金額が定められています。また、10月2日以降の取り扱いについてこの特約が使えます。」

「そうすると、新規契約だけなんですか?」

「いいえ、大同生命の既存契約から乗り換えることもできます。しかし、契約の日から2年以内のものや、保険料が減額となる乗り換えは取り扱えません。」

「えっ、健康体割引に乗り換えるのに、保険料が安くならないんですか?」

「はい、乗り換えの場合、保険料はそのままですが、その分保障額が多くなります。」

「ほー、なかなか考えていますね。でも、今契約している保険を解約して、この特約を使った同じ保障額の保険に入ろうとすると、今の保険を契約した年齢より年を取っているので、保険料は高くなってしまうのではないでしょうか?」

「いいえ、年齢と保険の種類によっては、以前契約した保険の保険料よりも安くなります。」

「そうなんですか。ますます魅力的ですね。私の保険はどうなるのか是非一度見て下さい。」

「はい。早速設計して比較してみましょう。こんな時代だからこそ本当に必要な保障を、安い保険料で得られるようにしたいものですね。」

☆☆☆ 是非一度担当者にお尋ね下さい ☆☆☆

(担当:大森)

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ 『社長になろうと思ったとき!』

第24回 役員と会社の取引


 労働分配率について勉強した友達も無事に従業員を採用できたようです。
今回は、新たな問題を解決しに先輩の自宅にやって来ました。

友達「こんにちは先輩、従業員を採用して新店舗も順調にいっています。」
先輩「それは良かった。ところで今日は何の用だい。」
友達「実は、我が社の専務が自宅を建築することになり、住宅金融公庫から
   の借入も受けるようですが、会社からも300万円程貸してもらいた
   いというのです。そこで、会社が役員にお金を貸す時にどんな事に注
   意すれば良いのか教えていただけませんか?」
先輩「まず取締役会の承認は得たのかい?」
友達「えっ、取締役会の承認が必要なんですか?」
先輩「いいかい、役員と会社の取引は要注意だぞ。じゃあ、説明するから 
   よく聞いてくれよ。」
┌─役員に対する貸付金─────────────────────┐  
│1.取締役会の承認を得る。                  │  
│ 役員に対する貸付金は会社にとっては、商法上の自己取引(役員と│  
│ 会社間の取引のうち、会社に不利益を与える恐れのある取引)にあ│  
│ たりますので、まず取締役会の承認が必要になります。取締役会に│  
│ 金銭消費貸借契約書(借用書)を提出して承認が得られたら、議事│  
│ 録を作成して保存します。                  │  
│2.通常の取得すべき利率により利息を徴収する。        │  
│ 原則的には、以下の利率により計算した利息を徴収します。   │  
│ @他から借入れた資金をそのまま貸付けた事が明らかな場合はその│  
│  借入金の利率。                      │  
│ A@以外の場合で居住用の土地、家屋等の取得資金の貸付けはおお│  
│  むね年5%(民事法定利率による)。            │ 
│  Bそれ以外はおおむね年10%(税務における伝統的取り扱いで │ 
│  ある認定利率による)。                  │  
└───────────────────────────────┘  
友達「そうすると、専務の場合は住宅の建築資金ですし、我が社の預金を
   取り崩して貸すつもりですのでAの5%となる訳ですね。しかし最
   近の低金利時代の中で5%とはかなり高い利率ですね。」
先輩「そうだね。そこで現在の低金利を考慮するためには、住宅資金融資 
   規定を作り、既存借入金の金利から合理的に計算した利率を住宅資 
   金融資規程に定めることが必要だよ。」

┌─合理的な利率とは──────────────────────┐  
│ 合理的に計算した利率とは、例えば「既存借入金の平均調達利率」 │  
│ や「会社が金融機関などから借り入れる際の利率」以上でなければ │  
│ なりません。もし、「合理的に計算した利率」より低い利率の場合 │  
│ には、「合理的に計算した利率」との差が経済的利益となり、基本 │  
│ 的には役員賞与となります。                  │  
└───────────────────────────────┘  

友達「そうですか。それにしても、役員にお金を貸し付けた時は必ず利息 
   を徴収しなければいけないのですか?」
先輩「災害や病気等で臨時に多額な生活資金を貸し付けた場合は無利息で 
   も構わないんだよ。」
友達「なるほど。ありがとうございました。早速、取締役会の準備と融資 
   規定の原案を考えますよ。」

 今回のケースの他にも会社と役員の取引はいろいろあり、同族会社の場合は、
税務調査時に会社と役員の取引について念入りなチェックがあります。不明な
点等がありましたら各担当者にお聞き下さい。

(担当:山本大吾・田原)

内容へ戻るメインページヘ


FX2 導入企業紹介

 今月は、今年新たにFX2 for Windows(戦略財務情報システム)やPX2(戦略人事給与情報システム)を導入し事務効率を上げている関与先様をご紹介いたします。

☆導入した感想・・・

 FX2の導入時は、手書きの伝票経理をやっと覚えたばかりなのに、今度はパソコンで経理だなんて不安で一杯でした。なぜなら、パソコンという物に触れるのが初めてで、何が何だかさっぱり分からなかったからです。
 それでも上野会計事務所の皆さんに丁寧に教えてもらい、こんな自分でも、人並みにFX2で経理ができるようになりました。今までは、資料の整理などを確実にしておかないと、月末の起票時に残高が合わず面倒な思いをしなければならなかったのですが、FX2導入後は画面を見れば一目で残高確認ができ、何が足りないのかすぐに解決することができるのでとても楽になりました。
 私の仕事は美容師なので、お客様の対応をしながら経理をこなさなければなりません。それでも今ではFX2の入力も覚え、美容師と経理の仕事を両立させていますので、「誰でもやる気になればできるんだなぁ」と実感しています。
 せっかくパソコンに触れるようになったので、今後は自分のレベルを上げるために、一太郎、EXCELなども暇を見つけて覚えていきたいと思います。何事もチャレンジすることが実現への道だと思います。これからも自分なりにがんばります。

(美容室キリンハウス 経理担当:原田)


☆導入した感想・・・

 今年の4月から、FX2とPX2を使って経理の仕事をしております。導入したきっかけは、今までより仕事が短時間で簡単に出来るようになると勧められたことと、パソコンを使ってみたいと思ったからです。
 使って半年近くになりますが、実際に仕事が短時間で済むようになり本当に良かったと思います。以前は、伝票を書いた後ゴム印を押して、科目別にケースに入れていたのですが、今では画面を見ながら金額などを入力するだけで済むようになりました。
 また、PX2を導入したことにより、給料計算もとても簡単になりました。源泉税の納付の時などボタン1つで合計金額が出てくるので、台帳等に記入する必要もなくとても簡単です。特に、今回のように特別減税がある時でも控除金額、控除残額などがすぐに出てくるのでとても助かります。今までは年末調整を事務所の方にお願いしていたのですが、今年から自分で頑張ってやってみたいと思っています。
 最近では、年賀状の住所録を作成したり、簡単な文章をワープロで打ったり、小4の息子とゲームをしたりして、仕事だけでなくいろんなことに楽しく使っています。
 最初の頃、画面が動かなくなったりしてよく事務所に電話したのですが、担当の山本さんか、中村さん、輿石さんが出てすぐ対応してくれました。おかげでスムーズに覚えることができ本当に感謝しております。ありがとうございました。

(芦沢内科小児科医院 経理担当:芦沢)


内容へ戻るメインページヘ


シリーズ パソコン最前線

 今回も先月号に引き続き、最近の気になる情報をトピックス形式に取り上げていきます。

電子マネー実験本格化

 大学構内など、限定された空間での実験が中心だった「電子マネー」実験がここに来て、実際の街を対象にして始まり、本格実用化が近づいてきました。
 まず、神戸市で1997年10月から1998年3月末まで米ビザ・インターナショナルが開発した「VISAキャッシュ」を利用した実験が行われ、この結果を受けて1998年7月から1999年10月までの予定で再度「VISAキャッシュ」を利用した世界最大規模の実験が東京・渋谷で行われています。
 さらに、1999年2月からは東京・新宿でNTTが開発した「電子マネー」の実験も始まる予定になっています。
 現在、渋谷で行われている実験には以下の3種類のカードが使われています。


 1.「使い切り型」   カードに書かれた金額までの1回しか使えない物
 2.「リローダブル型」 カードで使える金額を専用の機械で書き込み財布
                      代わりに何回でも使える物
 3.「一体型」     クレジットカードや銀行のキャシュカードにリロ
                      ーダブル型の機能を統合した物

 この他にも、1999年2月から郵政省とシティバンクが提携し、「デビットカード」といわれる決済方式の実験も始まります。こちらは、郵便貯金や銀行のキャシュカードを使い、支払い時の利用料金を直接口座より引き落として支払いをすることができる方式です。いずれにしても、財布から現金が消える日もそう遠くはないのかもしれません。

『チャット』ってご存じですか?

 インターネットはホームページによって普及しました。このホームページに新しい普及要素が加わってきています。それが「チャット」(おしゃべり、雑談の意味)です。パソコンネットワークの世界では、パソコンを通じて文字で会話することをいいます。また、文字だけではなくいろんなキャラクターやアバターと呼ばれる化身になりすまして文字の会話を楽しむサービスも登場しています。この機能を利用して会話だけでなく、不特定多数の人とゲームを楽しんだりできるようになってきました。若い方に好評な様です。

仕事の役に立つホームページ

 インターネットのホームページでこれはと思われるアドレスをご紹介します。インターネットに接続できる方は、ホームページを見るソフト(ブラウザー)のアドレスに入力して是非一度ご覧下さい。

☆特許庁、特許・情報提供サービス(http://210.141.236.195/)
特許庁より発行される特許・商標情報が検索できるページです。やっとインターネットで公開されました。

☆丸善書店ホームページ(http://www.maruzen.co.jp/)
丸善書店が提供する仮想書店サービスです。本の購入には会員登録が必要ですが、料金はかかりません。会員にならなくても本を探したり、ベストセラーを見たりするのに便利です。和書、洋書の検索ができます。

☆山梨県のホームページ(http://www.pref.yamanashi.jp/)
山梨県が公開しているホームページです。山梨県の公共工事関連情報や山梨県の統計情報等の確認ができます。土木・建設業の方必見です。

 生活や仕事のスタイルが変わりつつあります。様々な情報に目を向けて見て下さい。

(担当:輿石)

内容へ戻る


メインページヘ