INFORMATION 99年11月号

目 次


戻る場合このブラウザーを終了して下さい。

雑 感
シリーズ ビッグバン
実践年末調整講座
シリーズ 『社長になろうと思ったとき!』
社長のための『FX2活用講座』

雑 感

上 野 茂 樹

<根保証>


 商工ロ−ンが、話題になっている。「取り立て」と「保証」をめぐるトラブルである。一年前当社では、「自己防衛のための基礎知識」というテ−マの研修会を実施した。その折り、ひまわり法律事務所の信田恵三弁護士は、「根保証」という耳慣れない制度を紹介し、その危険性について警告を発していた。
 昨年のInformationの11月号に研修会の報告を載せ、テキストを必要とする方にはお分けした。ありがたくないことに「根保証」は、今や時の言葉となっている。今のところ、私どものお客様からこの件に関する相談はない。研修の成果で、自己防衛のために慎重に行動してくれたものと勝手に理解している。
 私の胸騒ぎによる思いつきから、信田先生には無理を承知でお願いし、社員には、僅か1週間でテキストを作って貰った。今は、何もなくて良かったと胸をなで下ろしているところだ。私も、「根保証」が、これほど社会問題になるとは思わなかった。やはり専門家の指摘は鋭い。
 今後もひらめきがあったら、研修会を開催したい。お付き合いの程、宜しく。

<事後規制>


 皆さんに、今の時代の流れのなかで知っておいて戴きたいことがある。「規制緩和」とか「規制改革」が、何を意味しているかである。簡単に言えば、事前規制から事後規制に世の中を変えると言うことである。
 事前規制のおかげで、今まで我々は、随分楽をさせて貰ってきた。親切な行政指導のおかげで、官庁の指導に従ってさえいれば、身を滅ぼすような目に遭うことはなかった。法治国家に住んでいながら、法を知らなくてもである。何か不都合なことがあっても、官の指導が悪いと声高に言えば、何とか収まった。
 おかしな世の中だったかもしれない。官は国民の批判をかわすべく、益々規制を強化した。官の権限が強くなると、すり寄るものが出てくるのが世の習い。
最初は警戒するも、その心地よさについついガ−ドが甘くなる。幾つか不祥事が発生すると、些細なことまでおもしろおかしく囃したてられた。
 その結果、官は殻に閉じこもってしまった。それに外圧が加わって、事後規制の世の中に。行政指導はしません、お好きなようにぞうぞ。何かあったら摘発します。日本は、法治国家ですから、法律は、厳格に適用させて貰いますよ、と。今まで行政指導で済んでいたことも、罰せられる可能性は大になった。
 親切な行政指導に慣らされてきた国民は、法律を前面に持ち出されても困ってしまう。専門家の知恵を借りながら、せいぜい失敗しないように努めなければならない。ところが困ったことに専門家にも規制緩和の波が押し寄せている。どのようになるかの結論は数年先だが、緩和されることは間違いない。
 法律の専門家だと紹介されて依頼したところ、事件屋で食い物にされてしまったなんて事がないよう願いたいものだ。事後規制とは、誰でも自由に事業に参入できる代わりに、過ちを犯したら、それ相当の責任をとって貰うことである。本物を見抜く目が必要になってくる。慣れるまで大変。頭を早く切り換えないと。

<商 法>


 法律の話ばかりで、恐縮しているが、もう少し我慢願いたい。これも思い出話になるが。会計事務所が関わる法律といえば、税法はさておき、憲法、商法、民法はじめ、経済法と言われる分野が多い。商法は、企業経営者が遵守しなければならない基本中の基本だが、以外とご存じない方が多い。
 倒産事件華やかなりし頃、私が、「取締役の責任」や「監査役の責任」を取り上げ、研修会を開いたことがある。この時は、経営者が、安易に知り合いの会社の役員に名前を連ねるなという戒めを込めて、責任追及された事例を上げて、具体的な説明を加えた。タイムリ−だったのか、大勢のご参加を戴いた。
 薬が効きすぎてしまった。役員予定者に辞退されたり、使用人兼務役員が役員を下りたり、果ては、監査役のなり手がなかったりと、反響が大きかった。反面、役員のポストを強硬に要求していた人が、あっさり辞退、というメリットもあった。役員の責任の重さに驚いた結果であった。
 昨今、新聞紙上を賑わしている粉飾決算による倒産、取締役の責任は重い。ちなみに特別背任罪なら、7年以下の懲役である。もちろん損害賠償請求訴訟のタ−ゲットにもなる。その上で、監査役は何をしていたんだと言うことにもなる。ゆめゆめ取締役及び監査役の責任を軽く見ないことだ。
 経営者の皆さん、気持ちを引き締めるため、商法を読んでみたら如何でしょう。

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ ビッグバン


何が起こるのビッグバン?? 何でもありなのビッグバン??

 去る10月15日、大手銀行の住友銀行とさくら銀行が2002年4月までに合併することを正式に発表しました。金融ビッグバンが進む中、大手銀行も生き残りをかけて、旧財閥系の枠を超え、競争力を強化しようと必死です。また、10月18日には、日産自動車が5工場の閉鎖と、2万1000人の人員削減を柱とする再建計画「リバイバルプラン」を発表しました。ルノー出身のカルロス・ゴーン最高執行責任者のもと、日産自動車も新たな一歩を踏み出しました。そこで今月は、この2つの動きに注目してみました。

驚き!! 住友・さくらの合併物語

 住友銀行とさくら銀行の合併は、何故、そんなに大きく騒がれたのか?それは、もちろん「財閥」という枠を越えての合併だからです。合併を結婚にたとえると、財閥はお家柄といったところでしょうか。違うお家柄同士が結婚するということは、昔では考えられませんでした。
 住友銀行は住友グループというお家柄、対するさくら銀行は三井グループというお家柄。まったく違ったお家柄同士の結婚に周囲の驚きは大変大きかったでしょう。
 そもそも財閥とは、明治時代から第2次世界大戦の終結まで存続した大資本家グループです。特定の一族が、株式保有を通じて多業種にわたる傘下企業の人事・経営を支配するという閉鎖的で中央集権的な組織でした。財閥は当時の経済活動を独占したという批判を受けた反面、日本における産業近代化の推進者として大きな役割を果たした事も事実です。
 主な財閥には三井・三菱・住友・安田の4グループがあり、産業界で多岐にわたる分野に総合力を持っていました。その中でも特に住友・三井は最も古い歴史があり、明治時代に石炭、金融などで基盤を固めました。
 これらの財閥は、第2次世界大戦後占領軍の政策によって解体されましたが、その後占領軍の政策の緩和等によって、いったん解体した財閥は比較的緩やかな結びつきを持つ企業グループという形で再登場してきました。グループ内の関連企業間に強力な支配関係はありませんが、相互に株式を持ち合い、互いにその特性を活かして協力しあうことを目的としています。旧三井財閥の三井グループには、さくら銀行を始め、三井物産、トヨタ自動車、東芝といった関連企業が、旧住友財閥の住友グループには、住友銀行を始め、住友商事やNECといった関連企業があります。これら関連企業にとっても、今回の住友銀行とさくら銀行の合併が与える影響は大きく、生き残りをかけてグループを超えた再編の始まりを予感していることでしょう。

変わらなきゃ!! 日産自動車

 ふと当社の窓の外をみると「Blue Stage」の看板。日産自動車の再建計画「リバイバルプラン」が始まった事が一目でわかります。  Mr.コストカッターの異名を持ち、一躍時の人となったカルロス・ゴーン氏の日産再建計画は、日本的な「温情」を俳し世界的な競争を意識したものとなっています。2万1000人の人員削減と5工場閉鎖は、それだけに留まらず、関係各社の従業員や家族、工場周辺の事業に与える影響を考えると、失業者は3倍から6倍になるともいわれています。
 「それでも他に選択肢はありません。」と、断言したゴーン氏は強力なトップダウン型の意思決定プロセスを踏んでいます。今までにも日産は、何度となく再建計画を策定しながら、縦割り組織の強い抵抗や、日本的しがらみなどにとらわれ、低迷を続けてきてしまいました。しかし、今回は現場や若手の意見を吸い上げながら、一方では「決定するのはトップ」という強力なトップダウン方式を徹底的に導入し、計画決定にたどり着きました。日本独特の経営方法では、もはや再建不可能と言うことでしょう。「計画策定は再生への取り組みの5%に過ぎず、あとの95%は実行にかかっている。」と語ったゴーン氏は、「再建」ではなく「再生」という言葉を使い、「日産は生まれ変わるのだ」という強い意思を感じました。いよいよ日本の名門企業も、生き残りをかけた「世界標準経営」の荒波に呑みこまれようとしています。

(担当:大森・井上)

内容へ戻るメインページヘ


実践年末調整講座


 今年もいよいよ年末調整の時期となりました。平成11年の所得税改正の目玉は「定率減税」「子育て減税」「最高税率引下げ」の3項目です。そこで今月は、これらの改正により変更となる年末調整事務について説明します。

1.定率減税

 平成10年に実施された定額減税に代わり、平成11年以降当面の臨時措置として20%の定率減税(最高25万円)が実施されることになりました。そのため平成11年4月以降の給与等については定率減税額を織り込んだ新しい源泉徴収税額表で毎月の源泉所得税額を算出することになっています。ただし税制改正の法案成立が3月までずれ込んでしまったため、1月から3月までの間の減税については、6月以降の源泉徴収額から、1月から3月までの源泉徴収合計額の20%を差し引くという複雑な事務処理となり、苦労された方も多いと思われます。定率減税の実施により、今年の年末調整では、通常の年調年税額から定率減税額を差し引き、減税後の年税額を求めてから、過不足額の精算を行うことになります。




 


年調年税額

 




 


定率減税額(注)

 




 


平成11年分

年税額
 





 


過不足額の

精算
 





 

 
(注)・・・定率減税額=年調年税額×20%(最高25万円)

2.子育て減税(扶養控除の拡大)

 少子高齢化対策の一環として、子供を持つ世帯の税負担の軽減を図る、いわゆる「子育て減税」が実施されることになりました。今回の改正により16歳未満の子供を、「年少扶養親族」と呼び、通常の扶養控除額38万円に10万円上乗せした48万円が控除されます。更に、16歳以上23歳未満の高校生や大学生などを対象とした特定扶養親族については、今までの控除額58万円に5万円上乗せした63万円が控除されることになりました。既に提出されている扶養控除等申告書には年少扶養親族に該当する人を表示する欄がありませんので、年齢に注意して扶養控除額を計算して下さい。今年の年末調整の扶養控除額は次の通りとなります。

平成11年分扶養控除額一覧表(一部)










 











 


一般の扶養親族

380,000円

特定扶養親族(16歳以上23歳未満)

630,000円

年少扶養親族(16歳未満

480,000円

老人扶養親族
70歳以上

 

同居老親等

580,000円

同居老親等以外の者
 

480,000円
 










3.最高税率の引下げ

 今回の改正では、税収の直接税・間接税比率を是正する一環として所得税の最高税率が50%から37%に引き下げられました。ただしサラリーマンで最高税率の引下げの恩恵を受けられるのは最低でも年収約2,113万円超の方(年収2,000万円以上の方は確定申告をすることになります)ですので、年末調整対象者は最高税率引下げの恩恵は受けられないことになります。改正前・改正後の税率は次の通りです。


改 正 前

改 正 後

課税給与所得金額(A)

税 額

課税給与所得金額(A)

税 額
  330万円以下
  330万円超900万円以下
  900万円超1,800万円以下
 1,800万円超3,000万円以下
 3,000万円超

(A)×10%
(A)×20%−33万円
(A)×30%−123万円   (A)×40%−303万円
(A)×50%−603万円

 330万円以下
 330万円超900万円以下
 900万円超1,800万円以下
1,800万円超
(A)×10%
(A)×20%−33万円
(A)×30%−123万円
(A)×37%−249万円

 以上が主な改正点となります。日常的に行う業務と違い、年に一度しか行わない年末調整は意外と手間がかかるものです。特に今年は定率減税の実施により以前にも増して煩雑になりますので、年末調整事務に慣れた方も十分注意して下さい。この機会に税制改正にも素早く対応し、年末調整も楽にできる給与計算ソフトPX2の導入を検討してみてはいかがでしょうか。また、当社主催で12月8日に開催する年末調整説明会では、より詳しくご説明致しますので是非ご参加下さい。

(担当:田原・山本和也・秋山)

内容へ戻るメインページヘ


シリーズ『社長になろうと思ったとき!』


第34回 巡回監査報告書 Part4


 前回の勉強会では、巡回監査報告書の科目別事項である現金と普通預金について勉強をした友達ですが、今回は受取手形の内容について先輩の所へ勉強に来たようです。

友達「前回は巡回監査報告書の勘定科目の中でも現金と普通預金について    教えていただきましたが、今日は手形についての勉強ですよね。」 先輩「そうだね。今日は手形でも受取手形について勉強をしよう。ところ    で君の会社の手形管理はどうしているのかな?」         友達「手形帳を利用していますけど、管理は完璧とはいえないと思います    。この間も期日をうっかり忘れて慌てたぐらいですから。」    先輩「それは心配だね。まず、巡回監査報告書の文面を見てみようか。」 ┌───────────────────────────────┐ │・受取手形については残高表と受取手形記入帳及び手形取立帳、また│ │ は現物と照合し、間違いのないことを確かめたか。       │ │・受取手形記入帳に、裏書手形、割引手形、期日落ち手形等の区分処│ │ 理が明瞭に記載されていたか。                │ └───────────────────────────────┘ 先輩「君の会社もそうだけど、商取引では、手形を振り出したり受け取っ    たりということは頻繁に行われているだろ。手形は、支払い手段の    一つというだけではなくて、送金、取立、さらに信用を利用した資    金調達の機能(割引手形)を持っているから、ビジネス上ではとて    も大切なものなんだ。だからこそ、今見た文面のように僕らも注意    深く、監査をする必要があるんだよ。」             友達「なるほど。私の会社でも手形取引は多いですから、徹底した管理を    行わなければいけませんね。どのような管理が良いですかね。」  先輩「やはり手形帳を上手に利用していく事だね。」           ┌─受取手形の管理方法─────────────────────┐  │手形記入帳を作成し、その内容を受取日、金額、手形種類、手形番号│ │、支払人、振出人又は裏書人、振出日、満期日、支払場所、摘要欄を│ │設け、受け取った日付順に記入します。また、手形の枚数が多い場合│ │は満期日や金額の確認にも便利なように満期日毎に記入したりして工│ │夫すると便利です。なお、手形の現物は必ず金庫等に保管して盗難等│ │にも注意しなければなりません。手形を割り引いたり、裏書譲渡する│ │予定がない時には早めに銀行等に渡し、取立を依頼しておいた方が安│ │全でしょう。                         │ └───────────────────────────────┘ 友達「なるほど。早速、当社も手形管理を徹底させていきます。」    先輩「そうだね。それから手形に裏書をして他に渡す時は注意が必要な事    は知っているかな。」                     友達「裏書手形のことですよね。注意?・・・何ですか?」       先輩「それじゃあ説明するよ。」                   ┌─手形を裏書譲渡する場合───────────────────┐ │裏書手形を譲渡しても、期日決済までその手形と無関係になるわけで│ │はありません。もし、裏書手形が不渡りになったら支払義務を負う事│ │になります。つまり、裏書人として名前を残すと自分より後の裏書人│ │及び所持人に対して支払いの責任を負う事となるわけです。ですから│ │決済されるまでは裏書手形もしっかりした管理が必要です。なお、自│ │分より前に裏書人がいる場合には支払義務を請求する事が出来ます。│ └───────────────────────────────┘ 友達「ありがとうございました。」                 

 「貴社の現金管理は完璧ですか?」もし、現金管理ができていないとしたら資金繰り計画も完璧なものにはなりません。現金管理は経営・経理の基本であるとともに当事務所が力を注いでいる書面添付申告の要件でもあります。この機会に監査担当者と現金管理の徹底及び見直しを行いましょう。次回は受取手形に関する事項について勉強します。

(担当:山本大吾)
内容へ戻るメインページヘ

シリーズ社長のための『FX2活用講座』


第3回 営業担当者等ごとに業績を知るには?


あるOA機器販売を営む社長様からこんな質問をいただきました。


┌───────────────────────────────┐
│当社は山梨県でOA機器の販売を行っているが、最近利益が伸び悩ん│
│でいる。利益率が低い販売エリアがあるようなので調べたいのだが、│
│販売エリアや営業担当者ごとに業績を簡単に知る方法はないだろうか│
│?                              │
└───────────────────────────────┘

 こんな場合には、FX2 for Windowsの「部門別管理システム」の活用をお薦めします。「部門別管理システム」では、あらかじめ管理したい項目(例えば、営業担当者名、販売エリア名)を登録しておき、売上や経費の伝票を入力する時に、どの部門の売上や経費であるか入力するだけで、簡単に各部門ごとの業績が把握できます。
では、実際にこの会社を例にあげてFX2 for Windowsの「部門別管理システム」の活用方法をご紹介していきたいと思います。
 まず、個別管理したい項目を部門として登録し、さらに関連がある部門を集計したい場合には「組コード」を登録してグループ分けをします。

担当者
(組コード)

田中一郎
(A)

高橋次郎
(B)

佐藤啓一
(C)

販売エリア
(部門コード)
 

甲府市(001)
韮崎市(002)
北巨摩郡(003)

 

中巨摩郡(004)
西八代郡(005)
南巨摩郡(006)

 

山梨市(007)
塩山市(008)
東山梨郡(009)
東八代郡(010)

 これにより、各販売エリアの業績は、FX2 for Windowsの「42.部門別業績ランク表」と「43.部門別管理表」で確認することができます。「42.部門別業績ランク表」では売上高から限界利益までの販売エリア別業績を「限界利益一覧」で確認することができます。(図1)

(図1)

 さらに、画面上部にある「部門ランク表」ボタンを押すと「売上高の伸びの高い順」「限界利益率の高い順」など一定の条件(図2)で各販売エリア別の比較グラフが表示でき、ビジュアルに業績を把握することが可能です。(図3)

(図2)

(図3)

 すると、前期に比べ、限界利益率が落ちているのは、西八代エリア、甲府エリア、北巨摩エリアの3エリアとなっています。
 また、画面下部にある F1 組集計 を押せば、営業担当者ごとの業績も判ります。(図4)

(図4)

 田中一郎さんは限界利益率が前期に比べて低く、限界利益もかなり減少しています。原因を追求していく必要がありそうです。

 変化する経営環境の中、全社の業績だけでは把握できない部分を、もっと細く、より具体的に知りたいと考えている経営者は多いのではないでしょうか。FX2 for Windowsの「部門別管理システム」を活用すれば、そんな経営者の悩みを解決できます。システムのご利用を検討される方は、お気軽に担当者までご相談ください。(この会社は架空の会社です)

(担当:輿石・中村)

内容へ戻る


メインページヘ